南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

テレビ離れ?

最近、ちょっと気になること...雑誌や新聞などで、テレビ離れのことが言われています。

良し悪しはともかく、TY局にしてみると制作費が抑えられて、魅力的な番組を作ることができない⇒視聴率の低下⇒さらに制作費が抑えられる⇒視聴率の低下...いわゆるマイナスのスパイラル、だなんていう言い方もありました。

確かに、民放のどのチャンネルも、金太郎アメの如く、顔の知れたタレントさんが顔をならべ、組み合わせた多少の趣向は異なるものの、要するに変わり映えがしません。

この辺り、出演されている方々に責任があるわけでもなく、制作側の企画の問題なんだと思います。先立つものが無ければ、いいものは無理...なのかな、とも思います。

ただ、深夜の枠で注目を集めた実験的な番組がゴールデンに移ってくる例もあると思うので、ただ単に予算の大小だけでも無いように思われます。

もう一つの要素として、若者がインターネットを中心とした新しいメディアに時間を集中している...つまり、ネットが忙しくてTVなんか観てられないっていう現象のようです。

同じ動画を観るにしても、YouTube や USTREAM のようなソーシャル・ネットワーキングにより配信されるアイテムが人気を集めて、人気が話題が、新たな人気や話題を呼ぶ...ソーシャルなクチコミの威力なんだと思います。

パッと観ても、たった1分に足りるか足りないかのような番組というかに、とても魅力的なものがたくさん出ています。

あのNHKがわざわざ、そうしたメディアで人気の動画をピックアップして、全国放送しているわけですから、面白い現象ですね。

と、まあ、なぜTV離れが始まっているのか、原因はいろいろあるとは思いますが、なにか新しい機軸がないと、TVに戻らないかもしれませんね。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。