南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝晩、冷え込んでます。

10月1日は衣替えとは良く言ったもので、カレンダーの関係から実質、今日が10月のスタートです。

その朝から、とんでもなく冷え込んだ気がして、思わず身震いしてしまいます。

ノーネクタイの背広無しに慣れてしまった体には、この「寒さ」は耐えます。

感じとしては「涼しい」を通り越して「寒い」があたってます。

周囲にも、寒気がしたり、鼻水気味とか言って、体調を崩している人が大勢いるし、ニュースではいくら北の方の話とは言え、岩手県の岩手山では例年より25日も早い初雪のことを聞くと、ちょっと異常な感じさえします。

さすがに当地では雪の話は聞いていませんが、時間の問題と思います。

日本気象協会の長期予報を見てみたら...
「向こう1か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。
天気は数日の周期で変わるでしょう。
向こう1か月の平均気温は、平年並の確率50%です。
週別の気温は、1週目は、低い確率80%です。
2週目は、高い確率50%です。
3~4週目は、平年並または高い確率ともに40%です。」

とあるとおり、1ヶ月で予報すると、平年より高いも低いも、確率50%なんだけれど、1週目だけで考えると「低い確率が80%」とあるので、やっぱり、予報からしてみても寒いことが裏付けられます。

そうは言っても、いきなり真冬と言うわけでもないので、徐々に徐々に体が慣れるように、寒さが増していって欲しいものです。

ただ、ブログなど見ていると、やれコタツを引っ張りだしてきただの、薪ストーブ用の焚き木の準備をしたとか、季節感が溢れる書き込みが多数見られました。

体の慣れもそうですが、今年に限っては早め早めの対策が必要かもしれません。

みなさま、お大事に。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。