南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「横浜モバゲー・ベイスターズ」って?

今シーズンのペナントレースが終わると、クライマックスシリーズ、日本シリーズと話題に事欠かないプロ野球ですが、ここにくると球団経営の移転のことなども話題に上ります。

そんな中、「横浜モバゲー・ベイスターズ」が話題に。少し前から囁かれていましたが、本決まりのようですね。

「横浜モバゲー・ベイスターズ」なんでも最初は違和感があって当たり前なのですが、今回の球団名もそれに近いでしょうか(笑)

そもそも、モバゲーって何? から始まるわけで。

経営に乗り出す会社にしてみれば、その質問に応えて、「モバゲーってこんなんです」とプロ野球を通して、知らない人に知らしめるわけですから、結果を急いではなりません。

横浜球団をTBSホールディングスから買収するディー・エヌ・エー(DeNA)社が、そこで運営する携帯ゲームサイト「Mobage(モバゲー)」の名称を冠する方向だといいますから、「ディー・エヌ・エー・ベイスターズ」とするか、今回のモバゲーにするか、たしかにこの程度の選択肢のなかでのことではあります。

この28日に球団譲渡成立を正式発表する予定だといいますが、本当はそこで正式な球団名が披露されることになるでしょう。逆転、「ディー・エヌ・エー・ベイスターズ」の可能性がないわけでもありませんが。

世間でも「DeNA」より「モバゲー」の方が認知度が高いでしょうから、その方がいいかもしれません。なんて言ったって、新規参入なわけですから、ファンに親しみをもって迎えてもらうには大きな武器になることでしょう。

しかし、横浜ファン、古くは「大洋ホエールズ」の頃からのファンの皆さんには、淋しい話です。

知り合いにも熱狂的な「エールズファン」がいます。
今では、クジラの捕獲問題が取りざたされ、世の中かわりました。
球団経営も当代を象徴するネットゲームの会社に移り、産業構造の栄華盛衰の構図を表すようです。

それはさて置き、ストーブリーグの話題の中心になること間違いなし。
今後の動向から目が離せません。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。