南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いよいよ北朝鮮戦

ブラジルW杯アジア3次予選で激突する日本。
アウェーで敵地に乗り込んで緊張の一戦を明日に控えています。

2試合を残して最終予選進出を決めているだけに、そうした意味では、気分的にとっても気楽なはずなんですが、しかし、相手は国交のない北朝鮮との一戦です。
聞くところによれば、敵地に乗り込んでの闘いは1989年の6月に行われたワールドカップイタリア大会のアジア1次予選以来22年ぶりなんだそうですから、若手の選手にしてみればヨチヨチ歩きの頃のことです。

いろいろな問題がからんでいるだけに、スポーツとして...だけでなく緊張感は高まっていると思います。

中国の北京での2日間の合宿を終えた日本の選手たちですが、14日の午後にピョンヤンの空港に到着したということです。明日15日午後4時にキックオフの予定です。

サッカーは北朝鮮で最も人気のあるスポーツの1つといわれています。
先日も幼い子供たちがサッカーボールを追いかけている姿を放映して、その人気ぶりや、国を挙げての力の入れようを紹介していたことを想い出しました。

そんなお国柄、勝敗に対する執着心も一層強いことでしょう。
女子サッカーの国際試合では、判定を不服としてでしょう、審判団にキックを入れている映像が流れていたことも想い出しました。

消化試合というには重い気もします。
とにかく、無事にして、もちろん勝利して終わって欲しい一戦です。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。