南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニッポン・チャ・チャ・チャ!

スポーツの別によって、会場や観客には独特の雰囲気や応援スタイルがあって、今回話題にする女子バレーボールは、ある意味で独特なものを感じさせてくれます。

バレーボールそのものが、ボールの往来の介して、相手チームとはネット越しに対峙する、加えて同様のレイアウトでありながらボールを相手に返すまでのリズムが卓球のように、即座ではなく、”タメ”をもって行われる・・・そうしたリズムのようなものに応援スタイルが呼応しているのでしょう。

さらに加えること、かつて「東洋の魔女」などともてはやされ、東京オリンピックでの金メダル獲得をピークに盛り上がったバレーボール人気、そして、特に女子バレーは、そうした恵まれた歴史からもファンとされる方が大勢おられます。

そうした背景を考えても、今回のアメリカ戦での勝利は大いに盛り上がりました。

結局、大会では4位に終わり、オリンピック予選通過はなりませんでしたが、でも、まだ不選出が決まったわけではなく、来年にその可能性を持ち越していますから、期待しましょう。

そうした、ハラハラ・ドキドキの感じも、ファンをひきつける要素なのでしょうか。ひょっとして、放っておいてもオリンピック出場は堅い・・・なんていうガチガチのチームだったりしたら、この人気ぶりは果たしてどうだったのでしょう? などと、うがった見方をしてしまいます。

ともかく、若手の選手たちも会場の声援に見守られながら、こうした一戦一戦を通じて、どんどん強くなっていってもらいたいものです。

ガンバレ・ニッポン ニッポン・チャ・チャ・チャ!

伝統的なリズムに心地よさを感じながら、今回の勝利をお祝いしたいと思います。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。