南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初めての負け試合

TBSのテレビカメラが入って、映し出されたピョンヤンのスタジアムの風景は、これまでに経験したことの無い異様な雰囲気に包まれていました。

国歌斉唱のその「君が代」が聞こえない・・・声援によるものではなく、ブーイングによるものなわけで、これだけでも驚いてしまいます。

選手たちの表情にも、明らかに
「なんだぁ、このムードは?」
と、戸惑いがちな雰囲気が見て取れます。

FIFAが主催する正式な国際試合ですから、ゲームの権威としてはこれ以上のものはありません。そうした試合の、それも、戦前にこれから対戦する相手チームに敬意を表すべきこのシーンでの、この雰囲気はいただけません。

自国の国家を高らかに歌い上げるならよかろうに、相手チームの国歌に対して静粛に聴く姿勢が求められて当然と思うのですが。

さて、肝心な試合の方ですが、理由はともかくとして「0:1」の負け試合。

結果もさることながら、内容的にも得るものが無かった、という感想です。

アウェーの試合とて、勝つに越したことは無いと思いますが、まあ、この状況、この雰囲気の中で、致し方無いとしましょう。

とにかく、気を取り戻して次の試合に臨むための気持ちの切り替えに傾注しましょう。
チームもサポーターも。

いろいろな意味で残念な一戦でした。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。