南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小正月

今日では小正月・・・って、何か特別な行事でもあるのでしょうか?

何となく、小正月イコール成人の日のような、関連性のイメージもあって。人に聞くところでは、どんど焼きも1月15日だった・・・という方もおられるくらいです。

お正月で頑張ったお家のお母さん、おばあちゃんが骨休めするのが小正月・・・とおっしゃる方もおられます。

と、まあ、いろいろな要素で、古くからの習慣などが形を変えていくことには、避けられないものを感じますが、その1つが小正月なのかもしれませんね。

そう思って、Wikipadiaを引いてみたら、こう書いてありました。

抜粋です。

「かつて元服の儀を小正月に行っていたということから、1月15日は成人の日という国民の祝日となった。しかし、その名前から小正月との関連がわかりづらく、かつ、高度経済成長期以降の都市化などの影響で小正月自体がなじみが薄いものとなったこともあり、2000年から成人の日は1月第2月曜日に変更されている。」

やはり、冒頭の小正月と成人式の関連性とは、単なるイメージの問題ではなかったんだな!

また、いろいろな要素で「なじみ薄」に・・・という傾向のことにも触れられていて、「やはり」・・・の実感です。

さらに
「この小正月までが松の内であったものが江戸時代に1月7日の大正月までとされたが、近畿地方では現在でも1月15日までが「松の内」とされる事が多い。」
ともあり、こちらも単なる印象や記憶の問題ではないことがわかって、少し、ホッとしたところです。

ともかく、もう半月も過ぎれば、「おめでたい・おめでたい」も、よほどおめでたい人でない限りは、なかなか持ち出しづらく、現実の様々な問題に、どんどん引き寄せられていく今日です。

皆さんは、どうお、小正月をお過ごしでいたか?


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。