南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

県対抗駅伝

以前に日本の陸上長距離界を支えているのは駅伝だ・・・という話を聞いたことがありました。

男女共に、高校生や大学、実業団と年齢その他に応じて駅伝チームを組織して、覇を競う・・・駅伝チームとなれば、リザーブのメンバーまで含めたら、1人や2人でできようもなく、おそらく基本を個人競技とする陸上の中で数少ないチームプレーです。

短距離のリレーもありますが、タスキを介してのリレーというだけで、いっぺんに日本的になります。

そこに参加する陸上選手の数たるや相当数になるでしょう。そうした裾野の広がりが、そこから優秀な選手を生み出し、磨きをかけ、一流選手へと伸びていく仕組みなんだと思います。

高校も大学も実業団も、自分のところのチームに実力のある選手を・・・と躍起になっているのでしょうし、また、長距離に力のある若い選手は、走力を武器にどんどん強くなっていく!

駅伝は、そうしたプロセスを見せてくれるだけでも、なかなか楽しい!

以前、高校駅伝で走っていた彼が、大学で箱根を走るのを見て、次は実業団で大活躍・・・なんていう例をみるのも、いいことです。

行く行くはオリンピックへと・・・競技種目にはないけれど、そこにまでたどり着く過程に、駅伝は確かな存在感を示しています。

長野県チームは残念な結果になりましたが、かつての栄光に向けて、研鑽して下さい。

応援してますよ。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。