南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大相撲のこと

毎年3月は大阪で大相撲が開かれると決まっていたのに、いろいろゴタゴタがあって2年ぶりの開催だったんだそうです。

お年寄りを中心に・・・といったら、若い相撲ファンの方には叱られそうですが、しかし、どこかに「伝統的な」といういいイメージと共に、重厚な・・・といえば聞こえがいいけれど、旧来のイメージがあったことは確かです。

そこにきて、「ああ、やっぱりね・・・」という雰囲気の、一連の騒動。あるべくしてあった、それが表面に出てきたんだな、という見方が多いようです。

そうは言っても、やはり人気商売、スポーツに形を借りた興行なわけですから、お客様の動員やスポンサーの参画があってこそ成り立つものであることに変わりは無いでしょう。

だから、久しぶりの大阪場所に、もっと地元はにぎわうのかな・・・と思っていたら、ニュースなどで報じられるのとは裏腹に、いまひとつ盛り上がりを欠く、といった意見なども見られて、まずは再開を祝う・・・ところからが始まりのようです。

そうか言っても、お相撲さんは真剣勝負なわけで、昇進や進退を掛けて、まさに肉弾相打つ激闘が繰り広げられています。そうした場面は従来とは変わり無いようで、ホッとするところです。

そんな大阪場所も、いつのまにか終盤を迎えて、バルト・・・いえいえ把瑠都の綱とりとか鶴竜の大関昇進など、話題は豊富です。ところで、鶴竜のその下は、力三郎(かくりゅう りきさぶろう)なんだそうで、カワイイなまえにホッとします。

とまあ、千秋楽に向かって、どの力士も全力相撲で、しかも怪我など無きよう、がんばってください!


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。