南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アメリカの探査機ボイジャー1号の夢

ボイジャー1号を覚えていますか?

たいへん夢のある話...というか、日常の生活や物指の単位では想像がつかないような世界の話なのですが、とにかくそのボイジャー1号が、太陽系を脱出する! という記事が眼に留まりました。

脱出と言ったって、何か出て行かなければならない積極的な理由があって、というより、長い年月をかけて、結果的に「そんなに遠くまで行ってしまった」ということなわけで、そのことだけでも、よくぞご無事で! という感想なわけです。

アメリカ航空宇宙局つまりNASAによりますと、1977年に打ち上げた探査機ボイジャー1号が太陽系の最果てを飛行しているとのこと。

もうすぐ、近い将来に人類史上初めて、ボイジャーが恒星間空間に到達するということを発表したんだそうです。

ボイジャー1号は木星、土星に接近した後に、太陽から吹き出す電離した粒子、これを「太陽風」というんだそうですが、その太陽風が届く範囲の境界近くにいるとのこと。

そこにいるということが、そんなに遠くなのにも関わらず、「分かる」ということ自体が信じられないのですが、しかし、確かに、ただ今、地球からの距離にて約179億8700万キロに到達したとか。

受け売りで書くだけで、少し悲しい気持ちになってきましたが、しかし、太陽系の外側に飛び出しそうなくらい遠くまで行っちゃったことは、理解している「つもり」です。

と、まあ、打ち上げられてから35年もの間、その名前の示すとおり、大航海を続けていることに、拍手を送りたいと思います。

そうしたロマンを感じたら、地球上で起きている争いごとなど、ほんと小さなことに見えてくる気がします。

ともかく、そんなボイジャー1号の存在に、偉業に、人類として共通の拍手を送りたいものですね。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。