FC2ブログ

南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熱中症

「熱中症」と聞くと、真夏の盛り、炎天下のイメージが強いのですが、そうでもないんだそうです。

梅雨が明けて「さあ、夏だ!」という7月の中旬、下旬以降から発症が始まり、真夏のピーク前がもっとも危険なんだそうです。

気温が高い・・・そのことのほかに、湿度や風向き=風力、輻射熱などの要素が複雑に絡み合うメカニズムなもので、真夏じゃない梅雨明け頃の気温でも、よくいう蒸し暑い・・・あの感覚の中でも熱中症になってしまう方がおられるんだとか。

風通しのない、蒸し蒸しした部屋の中に、長時間にわたって水分も摂らずにいたら、熱中症になる可能性大!

さて、では今年の梅雨から夏にかけてのシーズンはどうなんでしょうか?

昨年は、千人以上もの方が熱中症でお亡くなりになったんだそうで、そうしたことにならないために、真夏になる前から注意しなければなりませんね。

掻い摘んで、熱中症対策の中でも一番大切とされる「水分補給」について。

朝のTV番組によれば、望ましいとされる水分補給とは・・・
①1時間にコップ1杯
②1日に1.5リットル~2リットル

でも、冷たすぎる水は避けた方がいいかもしれません。なぜなら、少しの量でも満足してしまうので必要量の水が摂れない可能性があるからです。
だから、冷たすぎる水は飲まないのが理想的です。

また、緑茶やコーヒーなどはカフェインを含んでいるので、これにに利尿作用があって、不向きだそうです。

さらに、ビールなどのお酒も水代りに・・・というわけにはいきまえん。
アルコールは「飲み水」としてはカウントしませんので、ご注意を!


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。