南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「喜びを売る! 農産物直売所」という番組を視聴して

最近のこと、NBS長野放送で
「喜びを売る! 農産物直売所」
という番組を視聴しました。

町々の街道筋に単独であるいは、道の駅などに併設するスタイルで、こうしたタイプの店舗が増えたことは、新鮮な野菜に目の無い私としては、大変よろこばしいことです。

ところが、番組を拝見していて残念なことが一つ。
lここでも北高南低…?
採り上げられた店舗の最南が伊那のグリーンファーム。
ほかは全て域外で、飯田・下伊那に該当がなかったのが、淋しかった。
番組の構成上のことか、スケジュールのことか…何らかの理由はあれど、
「あそこは欠かすことができない」
という、強い動機がありさえすれば、せっかく伊那まで来ていた脚をもう少し伸ばせばいいわけで。
ということは、取材に値する話題に乏しかった、ということですか?

そういえば、伊那のグリーンファームはとても特徴的な品揃えで、確かに飯田・下伊那には決して無い、別の存在感を強烈に示していて、こんなにも知名度が上がり始める以前から、ファンでした。

そういった地の利(取材のされ易さという意味でですが…)のことを除けば、番組に登場した各店舗は、そこその規模があり、特徴的な野菜や、農業への取り組み、併設された食堂や、それに取り組むお母さんたちの談話など、当地には欠けているのかな…などと、心配してしまうのでした。

番組の最後に採り上げられた「三岳」の直売所のサイズであれば、近隣のそれに概ね等しく、しかし、見も知らずの野菜が紹介されていたりして、見ていても興味深いものがありました。

さて、飯田・下伊那の直売所でも、その特徴的なところに着眼してくれたら、そこそこの番組づくりになるのかもしれませんが、でも、やはり取材が入らなかった、あるいは、入ったけれども番組構成上で編集の憂き目を見た…いずれにせよ、淋しいものです。

それはさておき、
遠山郷南信濃の道の駅、これからでしたら「山のきのこ」が本番です。
落ち葉にまみれた採り立てのイクチなど、街中ではなかなか手に入りませんから…

最後は、微力ながら地元を応援して終わりたいと思います。

<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。