南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

閉幕 ロンドン五輪

大会会期を終えていよいよロンドンオリンピックが閉幕します。

あとは、何時間か後の閉会式を待つのみ。

大会運営に際しては、入場行進に関係者以外の人物が紛れ込んでみたり、微妙な判定のこと、覆った判定のこと、大会中に追放されたレフリーのこと・・・などなど、さまざまありましたが、取り敢えず重大な事件などなく終わることができ、ホッとしていることでしょう。

ただ、終盤になって領土問題をスポーツの世界に持ち込んで、政治がらみの嫌な問題のことなど、少々後味が悪いものになりました。

ただ、そうした中で、男子サッカー3位決定戦、あの日韓戦に敗れた後の日本人サポーターの取った行動が、外国人報道関係者によって世界に配信されたことなど、スポーツの勝敗とは別のところで、胸を張っていい誇らしい行動もありました。

写真が掲載できたらいいのですが、敗戦にも関わらずスタンドを掃除するサポーターの姿です。とかく、かっても負けても、興奮したサポーター達が引き起こす不始末には、目を背けたくなるものがありますが、それとは対極にある素晴らしい行動だと思います。

また、メダルの数でも過去最高なんだそうで・・・。

メダルのために競うのか? 本当に参加することだけに意義があるのか・・・といった議論もありますが、競技の結果として得られた順位が、低きより高いほうがいいのは、否定できないことであり、それらをまとめ集めた数が、過去最高だったという事実は、大会に関係した人々に限らず、広くスポーツ関係者やスポーツを志す人、観る人たちに勇気を与えてくれたと思います。

ともかく、これでロンドンが終わると、早くもリオに向けた戦いが現実的にスタートを切るわけで、ぜひ次に期待したいと思います。

選手の皆さん、役員の皆さん、そして支えてこられた関係者の方々、最後に私たち観客、サポーター、ファンの皆さん、お疲れさまでした。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。