南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もうすぐ9月 残暑お見舞い申し上げます。

暑いこの時季、しかも暑い最中に「暑い、暑い」と言って涼しくなるものでもなし、船内話ですが、しかし、実態が暑ければ、暑い暑いと言うよりほかは無く、したがって、改めて「お暑うございます」とご挨拶させて下さい。

本来、「いい天気ですね」とか「降られちゃいましたね」・・・といった程度の、いわゆる「時候の挨拶」、気軽に次なる話題に展開する前の序章であり、メインディッシュを目前に前菜のようなものなはずなのですが、この残暑に関する挨拶の遣り取りには「命が懸かっている」、「生命の言葉」のような気さえしてしまいます(苦笑)

例としてはなんですが、一定の寒さに対して、室内で「寒い!」というのと厳冬の屋外で「寒い!」というのでは、命への危機感というものに自ずと差が生じて然り!

ある人に言わせると、寒い、寒さに対しては、着込むなり、温度をかけるなりして、その状態が維持できさえすれば、比較的に問題は無いのだそうですが、暑さに対しては、熱を奪う、コントロールするというそもそもの手立てがかぎられるために、とても厄介なんだとか。

暑くても寒くても、ことが過ぎれば命を脅かすことに違いは無いのですが、どうも、対策という点では事情が異なるようです。

と、まあ、さすがに9月の声を聞けば、秋も本格化するでしょうし、日中はともかく第一に夕方の暗くなり方や朝の明るさの遅れが、気分的にも体感的にも涼感を与えてくれることでしょう。

いつしか蝉の声に代わって、コウロギの声が大きくなってきました。虫たちの世界では、しっかり秋が始まっています。

秋よ・・・早く来い。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。