南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冬型の気圧配置で「Pカン」です。

南信濃の今日の最低気温ですが、11.2℃(07:29) 平年比で-3.2℃、昨日比で-2.5℃、10月中旬並の気温だそうです。

たしかに寒々した朝だな…そう思っていたら空はまさに「Pカン」

この「Pカン」という言い方、ご存じない方のために少々薀蓄を…

一言で表わしますと、「いい天気、晴れ」、「綺麗に晴れた青空」という意味です。
”ぴーかん”とか”ピーカン”などと記す場合もあるようですが、ではその語源は?

タバコの銘柄に「Peace」が「あります…? or ありました…?」が、いずれにせよ、そのピースの缶のような色だったことが語源という説が有力です。
真偽の程は定かではありませんが、少なくとも、私は先輩からそう教えられました。

では、確かなところは?
そう思って、ネットで検索していたら、もともとは映画業界内の俗語だったようで、屋外の撮影現場で直射日光の射す快晴の状態を意味していた…という意味の説明を見つけました。
空の色や天候、陽射しをイメージする表現であることには間違いないようです。

ところで、タバコのピース缶ってどんなんだったか…と、ネットで写真を探してみましたら、ありました。
ただ、正直なところ「晴天の空色」というより、深い海をイメージさせる群青色に近いようにも思うのですが、さておき、今日はその「Pカン」

「Pカン」の空を眺めていたら、清涼感を漂わせて冷たい風が吹きぬけて行きました。

秋本番

<おしまい>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。