南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

閉幕 パラリンピック

オリンピックと並んで、今日パラリンピックのことが話題に上ることが増えたように思います。

「半身の不随」を意味する"paraplegic"という言葉と「オリンピック(Olympic)」から由来する造語なんだそうですが、今では他の障害にも競技が拡大したことで、大会の規模も注目度も上がったものと思われます。

ここのところ、新聞など読んでおりますと、競技種目によってはオリンピックで階級分けをするように、一つの階級としてオリンピックに取り込んでみたらどうか、というような意見もあるそうです。

たしかに、例えば柔道などの格闘競技など、体重別でクラス分けをしているわけですから、考え方としてはわかりやすいかもしれません。そもそも男女で競技を分けているわけですから、要は考えようだとも思います。

競技内容そのものが身体障害者を対象として、それに適した仕組みが形作られているケースもあって、よくよくルールなど聞くに、なるほど! と頷けます。

今回のロンドン大会で金メダルを獲得した「ゴールボール」も目隠しをしながら鈴の入ったボールを転がして、ゴールに入れることで得点する視覚障害者の球技です。障害者スポーツの1つですがサッカーをイメージさせてくれます。やはりというか、ヨーロッパでは盛んに行われているんだそうで、わが国でも今回の健闘、好成績がこれからの競技人口増加、底辺拡大にいい効果を及ぼしてくれたらいいな、と思います。

ロンドン大会は幕を閉じましたが、また次に向かって動き出していることはオリンピックに同じ。なんでもかんでもオリンピックと比較して言うのはなんですが、注目をもって、関心を持って貰えたらいいなあと感じています。

ここでも、がんばれニッポン!

4年後の活躍を期待しています!


<完>


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。