南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おめでとう! 日馬富士

人気とか注目度ろいうものは、恐ろしく、また、残酷なもので、大相撲のそれについては、明らかに低迷を続けていたと思います。

今場所も、正直なところ、「ああ、お相撲やってる」程度の関心だったのですが、千秋楽が近づくにつれて、俄然盛り上がりを見せました。

そして、今日の結びの一番。久しぶりに握った拳に力がこもるような、大一番でした。勝負が着いて、見ている側がどちらが勝ったから、と言うでもなく、よかったよかったと両雄に拍手を送ることができる、そんな一戦だったと思います。

この一戦に勝利した日馬富士は、見事な2場所連続の全勝優勝。そして、来場所の横綱昇進を、誰に文句言われることもなく、確実にしたものと思われます。

相撲の技術や薀蓄を語れるものではありませんが、しかし、真剣勝負で肉弾と化してぶつかり合う姿は、説明云々ではなく見るものに確実に伝わって来ます。

だから、逆に手を抜いたり、変に技巧に走ったりすると、そのことも隠しようもなく見る者に伝わってしまう。

人気力士と言われる人は、単に人柄がいいとか、面構えがいいとかも重要な要素かもしれませんが、しかし、本来の相撲の内容で以って、人気が裏付けられるのだ、ということを今更ながらに痛感させられました。

さて、このまま推移すれば、おそらく来場所は久々の東西2横綱。日本人の横綱ではないことを寂しがる向きもあるようですが、このグローバルな世の中にそれはさておき、大いに期待したいと思います。

おめでとう、日馬富士!


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。