南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いま、フットサルといえば

サッカーの話題といえば11人制の・・・そもそも11人制という言い方すること自体に違和感があるわけで、バレーボールではありませんし(笑)

というのは、にわかに注目を集めているので、フットサル日本代表に、あのキング・カズが選ばれた・・・その話はすでにご承知のことと思われます。

そのカズの日本代表としてのデビュー戦となるブラジルとの親善試合(10月24日に代々木第1体育館にて)では、「KINGシート」が設置される計画があるらしい。

日本協会の関係者が明かしたとのことですから、たぶん間違いないでしょう。
ブラジル戦の会場の両ゴール裏に合計1000席程度の仮設スタンドを設営して対応する計画とか。

KINGカズの人気=動員力は、今日でも衰えていません。

フットサル日本代表チームを強化するために、という本来の目的もさることながら、観客動員という点でもカズ効果が表れた感じです。
とはいえ、協会としてもその辺りの勘定は織り込み済み? でしょうね。

フットサルでは至近距離から強烈なシュートを放つために、首尾よくゴールすれば問題ないのですが、そうとばかりは行かずに、枠を逸れたシュートがゴール裏に居る観客を直撃する、そんなリスクがつきまといます。
ある意味で、迫力ある、ゲームと観客の一体感という点では、言うことなしなのですが、リスクはリスク。野球のファウルボールやホームランボールによるリスクのことを考えると、決してフットサルだけの問題ではないのですが。

子供を着席させない、などの運用上のことや、構造上の工夫で、こうしたリスクに対応している例もあるという話を聞いたことがあるので、なんとか、この1000人分の増設ができて、そこが満杯になる図のことを期待しています。

知り合いの中にも、フットサルの愛好者がいて、サッカーとはまた違った楽しみを経験しているらしく、これから先、KINGカズの代表入りが新たなファンの掘り起こしになればいいですね。おそらく、フットサルは好きだけどサッカーは嫌い・・・という人も少ないでしょうから、結局、サッカー人気の裏打ちだったり、底辺拡大に寄与するのではないでしょうか。

かんばってカズさん!


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。