南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

体育の日

いつからだったでしょうか?
「体育の日」が振り替えの月曜日に移動したのは?
それまで、東京オリンピックの開会式が行われた1964年10月10日を祝しての記念日だったわけで。
その日の印象がとても強かったので、多少の違和感があります。
が、休日であることには違いがないわけで、日曜日に重なった時のことを考えれば、ちょっと得をした感じもします。まさに、それが目論みなわけですから、お得感をしっかり享受しましょう。

さて、運動不足が否めないこの頃ですが、朝のニュースを観ていたら、お年寄りが公園に集まって健康体操の場面が映し出されておりました。
矍鑠としてお元気そうでなによりです。その中で、インタビューに応えてあるご老人。
驚くことに毎日、欠かさずに100回の腹筋運動が自慢とか…。
腹筋の「深さ」はさておき、とにかく1日に100回くらい、意識して腹に力を入れていることは間違いないようで、
「私も…」
と思うばかりで、なかなか実行には難そうです。

そうしたご老人の運動のこともですが、低下の一方だった小中学生の運動能力が20年ぶりに、上向きに転じたそうで、20年前といえば他人事とも思えません。
聞いていたら、「反復横とび」などというたいへん懐かしい言葉がニュースに登場して、ついつい、畳の縁に目を遣ってしまいました。
ちょうど手ごろな幅だな…なんてね。

ともかく、日頃の運動不足に思いを巡らせるだけでも、「体育の日」の意味がありそうです。

<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。