南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旧盆を過ぎれば・・・

昔から少なくとも当地では

「この暑さも旧盆までだに、過ぎたら朝晩は涼しくなるで」

と言われ、聞かされ続けてきたこともあって、一つの季節感のベースになってきました。

もちろん、年々の格差はあるものの、確かにそうなんだな・・・、上手いことをいうもんだ・・・、と感心したものです。

さて、今年の夏は?

全国的には地域差もありますが、人の生命をも脅かすような被害をもたらした大雨にこともあって、少し暑さも冷まされた感じがしています。

そうは言っても暑い。

詮無い話ですが、夏は暑いのが通り相場ですが、まだまだ暑い。

ブログも省エネモード(笑)で恐縮ですが、皆さまも、あともう少しのこの暑さ、くれぐれもご自愛ください。


<完>

PageTop

立秋を迎えて

暦の上では、昨日の立秋を経て「秋」となりました。

そういえば、なんとはなしにその気配も。

オリンピック観戦を決め込んで、日の出ないうちからの早朝に眼を覚ませば、当地では寒さを感じるほど。

空の雲も、夕方ともなれば、刷毛で掃いたように筋っぽくも見て取れます。

ここのところ、オリンピックの話題を中心に、それもサッカーに偏ったブログタイトルでしたが、季節は確実に移ろいをみせています。

ただ、昨日の人さまのブログを見ていたら、「今日は立秋、今日まで暑中お見舞い、明日から残暑お見舞い」・・・というような内容の行があって、さて? と考えたわけです。

Wikipediaによれば、暑中見舞いも残暑見舞いも、それぞれ時期があって、当然といえばそうなのですが、ただ、諸説あるとされています。特に、始まりと終いについて。

■■暑中見舞いの期間の起点については、夏の土用(立秋前の約18日間)とするものや、暑中の期間(小暑から立秋前日の約1ヶ月)とするものがある。また、梅雨明け以降を条件に加えるものもある。


ただ、後からも出てきますが「立秋前」という記述から、暑中お見舞いの終いは、立秋の前日。次のとおり、「立秋以降に」と始期が記されているので、残暑見舞いの始まりは「立秋」で間違いない。


■■立秋以降に、人を見舞うことや手紙を出すこと、または、その手紙や贈り物のことは残暑見舞いという。残暑見舞いの期間の終点については、特に日付を指定しないものや、遅くとも8月までとするものがある。


体感からして、暦がどうであれ「盛夏」に暑中も残暑もないような気もして、複雑です。

ただ、そこのところ1日、2日ずれたからと言って、それで「熱く」なるようなことでもないし、極めて涼しげに参りたいと思います。

そうすれば、正調!

「残暑お見舞い申し上げます」


<完>

PageTop

涼しい~ らくだ~

あんまり涼しすぎると、お米の出来に悪い影響がありそうで、喜んでいると叱られそうですが、でも、少しくらいなら許していただけるでしょう。

あの暑さ、蒸し蒸ししたまとわりつくような空気から一転して、とても過ごしやすい。ありがたいことです。

急に30℃超えが続いて、ヘトヘトのところに、一服の清涼剤のような、この気候。とても助かります。

この夏、まだ突入したばかり。早いところでは既に夏休みの声も聞こえて、夏本番です。


さて、夏といえば、何を連想しますか?

というアンケートがWeb上にありました。

かき氷、甲子園=高校野球、終戦記念日、旧盆などなど、年齢や環境に応じて、答えはそれぞれでしょうが、でも、いずれもが、何かの形でみんなに関わっている...今年の夏、何して過ごしましょうか。


<完>


PageTop

梅雨明け宣言がありました

もういいでしょう...というのは、大方の梅雨明け宣言に対する見方でしたが、ようやっと明けました。

ただ、ちょっと気になる点があって、知人とも話していたら、やはり同じようなことおw感じていた・・・という話になり、全国的にも大勢いらっしゃるのでは。

そう思って書いてみました。

要するに

「梅雨明けしたと、みられると発表した」

という文句です。

「と、みられる」という言い方は、なんとなく他人任せな感じがしませんか?

「梅雨明けしました」

と、どういう理由でもって書けないのか? 書かないのか?

知人にこの辺り詳しい人がいたので、それとはなしに尋ねてみました。

すると答えはこうです。

「いったん梅雨明け宣言しても、その先の天候のことなどを判断して、やっぱ違ってました」

ていう可能性が無いわけではないんだそうです。

ホントかどうか、彼の言を信じるしかないのですが、例えば、これまでにも「梅雨明けはいつ?」と宣言を待っていたら、グズグズしていてかなにか理由は知りませんが、結局のところ宣言がされなかったこともあったように記憶しています。

ニッポンにも梅雨という「雨季」があって、恐らく入梅は必ず宣言されるのでしょうが、その出口については、どうもあやしい。つまり、入ってみたはいいけれど、いつ出たのか知らないうちに明けていた・・・なんていう話です。

まあ、何でも決まりよく考えたら、梅雨明けは必ずあって欲しいのだけれど、一定期間に判断が付かないと宣言しない、できない・・・そうした延長で考えたら、いったん宣言した日付が変更になることだってあるでしょうし。

そうした背景から、例の「と、みられる」という表現なのかもしれません。

重箱の隅をつつくような話題になりましたが、それほどに天気って気まぐれということの証明なのかもしれません。なんて言ったって「気」がつくくらいですから「気」のもの、「気配」のもの・・・なんですね。


まだまだ暑くなります。ぜひ、ご自愛ください。


<完>

PageTop

梅雨明け間近

今日は「海の日」でした。
その名に相応しい陽射しの1日。

季節のめぐりとは、こういうもの...と言ってしまえばそれまでなのでしょうが、しかし、梅雨が去ろうとしているこの頃、気温の高さと湿度の高さに、参りますね~

先日も書きましたとおり、この本格的な夏に突入する寸前、梅雨が明けるか明けないか、終いの時季が最も熱中症に罹りやすいんだそうです。

今晩のニュースでも、そうした影響で不幸にもお亡くなりになられた事故のことなど報じられており、まさにそうした裏づけのような感じがして、けっして他人事とは思えません。

同じ地域に暮らす人々に、等しく気温の影響が及ぼされるわけなら、熱中症を発症するしない・・・は、個人個人の体調の管理や悪影響の回避の仕方、それらによって異なることの裏づけでもあって、月並みですがひとり一人が気をつけるしかありません。

折りしも、同じニュースの中では代々木公園に集まった反原発を唱えられる人々の集まりであったり、または、地方大会とは言うものの、夏の高校野球の模様が報じられていました。

いずれも炎天下でのことで、体調に不具合を訴える方がおられはしないかと心配になります。

先日も知人との会話の中で、
「夏の甲子園。選手は鍛えられているだろうけど、応援団や観客がよくぶっ倒れないねえ」
と。

「昔はここまで暑くなかったんじゃない?」

記録か何かで一目瞭然なのでしょうが、気持ち的にはそう思わざるを得ません。

そう、当地では30℃を超えたか超えないかくらいが話題のタネで...そんな記憶が無いわけではありませんが。

ともかく、まだ始まったばかりの今年の夏の暑さ。

負けないように乗り切りましょう。

明日も、30℃超えの予報です!


<完>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。